チェンライナイトバザールの中の屋台、天ぷら

今年1月に初めてチェンライに行ってきました。

チェンライの町の中心にある一番有名なスポットであるナイトバザールを紹介します。

スポンサーリンク

チェンライのナイトバザールについて

名称 チェンライナイトバザール (Chiang Rai Night Bazaar)
場所 Wiang, ムアンチエンラーイ チエンラーイ 57000 タイ

ตำบล เวียง อำเภอเมืองเชียงราย เชียงราย 57000

町の中心のバスターミナルに隣接しているためすぐ見つかります。

営業時間 18時00分~23時00分

 

チェンライ空港から市内のバスターミナルまで

今回僕はバンコクのドンムアン空港からチェンライ空港までエアアジアを使って行きました。

チェンライ空港からチェンライ市内まではエアポートバスが運行されていたのでこれを利用しました。

エアポートバスはたったの20バーツ空港から市内中心のバスターミナルまで運んでくれます。

少し前まではタクシーしか交通手段がなかったらしいのでちょうどよいタイミングで訪問できました。

エアポートバスの乗り場は少しわかりにくいですが、空港ビルを出てから右に暫く歩いたところにあります。

チェンライ空港からチェンライ市内へ

空港からバスに乗って30分ほどでチェンライ市内中心のバスターミナルに到着しました。

バスターミナルにはインスタ映えしそうなオブジェもいくつかありました。

チェンライバスターミナル チェンライバスターミナル

バスターミナルに到着したら、予約していたゲストハウス「SOOK cafe and hostel」にチェックイン。

チェンライはバスターミナル周辺に安い宿が多数あるので泊まる場所に悩む必要がありませんでした。

チェンライナイトバザールは屋台が豊富で食事場所として最適

到着した日の夕方ぐらいから早速ナイトバザールへ行ってみました。

ナイトバザールにはお土産屋や雑貨屋もたくさんありましたが、やはり食べ物の屋台が一番魅力的でした。

 

このシンプルな「ごま餅」は10バーツ。

砂糖が適度に入っていて甘くて美味しいです。

チェンライナイトバザールの中の屋台

ナイトバザールの中心部には、メインステージと多くのテーブルが置いているところがあり、そこには鍋と天ぷらの屋台が多数ありました。

一人鍋も好きなのですが、今回は天ぷらにしてみました。

何人かで行くときは鍋もオススメです。

チェンライナイトバザールの中の屋台

キウイジュース(25バーツ)と天ぷらセット(50バーツ)。

チェンライはフルーツジュースもバンコクやチェンマイと比べて安いです。

チェンライナイトバザールの中の屋台、天ぷら

海老天、イカリング、春巻き、人参などが入った天ぷらセット。

これで50バーツはリーズナブルです。

ただ、味は美味しいのですが、油っぽさが結構あり、やはり一人で天ぷらだけを食べ続けていると途中から少し苦しくなってしまいました。

なんとか完食はしましたが、一人鍋のほうが良かったかなと少し後悔もしました。

天ぷらセットはビールと一緒にステージのライブを見たりしながらゆっくり食べるとよいかと思います。

チェンライナイトバザールの中の屋台、天ぷら

ナイトバザールにはフルーツもたくさん売っており、バンコクやチェンマイよりも安く食べることができます。

チェンライの北のほうではパイナップルも多く生産されているようです。

チェンライナイトバザールの中の屋台、フルーツ

また、別の日にはメインステージ裏側にあるカレー屋に行ってフィッシュカレー(40バーツ)を食べてみました。

激辛で魚の骨も多くて食べにくかったですが、これもタイならではですね。

チェンライナイトバザールの中のレストラン

まとめ チェンライのナイトバザールは毎晩行っても飽きない

今回のチェンライ滞在中は毎晩ナイトバザールを散歩していました。

夜に他に行くところがなかったというのもありますが、毎晩行っても不思議と飽きない楽しい場所でした。

チェンライはコンパクトにまとまった町のため、宿はナイトバザール近辺になることが多いと思います。

滞在中は毎晩ナイトバザールで時間を潰してみるのもいいと思います。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事