チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffeeのココナッツミルクロールケーキ

今年1月にチェンライに行ったときにおすすめしたいカフェがいくらか見つかりました。

ここではその中で「Manorom Coffee」を紹介します。

スポンサーリンク

チェンライのおすすめカフェ「Manorom Coffee」

店舗名 Manorom Coffee (マノロムカフェ)
URL https://www.facebook.com/manoromcoffee
場所 499/2 Sanpanard Soi 2/2, ตำบล เวียง Amphoe Mueang Chiang Rai, Chang Wat Chiang Rai 57000 タイ

徒歩では行きにくい場所なのでバイクやタクシーで行ったほうがいいです。

営業時間 9時00分~20時00分
予算 120バーツ〜

「Manorom Coffee」は、通称ブルーテンプル(青い寺)こと「ワット・ロンスアテン(青碧寺院)」の近くにあるリバーサイドのカフェです。

ブルーテンプルから近いといえば近いのですが、すぐ向かい側とか歩いてすぐ行けるという場所ではないです。

レンタルバイクでお寺を見に行ったついでにバイクで行くか、タクシーチャーターで行くのがよいでしょう。

チェンライの中心地からはそれほど離れていないため気楽にバイクで行くのもいいかと思います。

「Manorom Coffee」を写真で紹介

僕が訪問したときは、チェンライ市内でバイクをレンタルして青い寺を見に行ったあとに一息つくために行きました。

バイクレンタルは1日200バーツでした。

マノロムカフェの敷地は結構広く、敷地内に入るとバイクをとめる場所には困りませんでした。

カフェのスタッフの方のバイク。

なぜかこのチェンライ滞在中には「どーもくん」のステッカーを貼ったバイクをよく見かけました、流行っているのでしょうか。

このカフェの素晴らしいところは、カフェの周辺の自然が多いところです。

すごく立派な大きな木を見たりコック川を眺めたりして、カフェに入っていくまでに結構時間をかけてしまいました。

マノロムカフェに入っていくと、屋外のカフェスペースの広さに驚きました。

注文は建物内でメニューやケーキを見ながらしました。

さすがこれだけの本格的なカフェであるため価格帯は高めです。

ホームメイドケーキが多数あり、どれも非常に魅力的でした。

今回は「ココナッツミルクロールケーキ」(136バーツ)を注文しました。

飲み物は「マノロムシグニチャーラテ」(116バーツ)を注文。

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

天気がよかったのでやはりこのカフェの醍醐味である自然に囲まれた屋外席に座りました。

僕が訪問したときは外国人はおらずタイ人のお客さんが結構入っていました。

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

しばらく待っているとラテとケーキが運ばれてきました。

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

「ココナッツミルクロールケーキ」(136バーツ)と「マノロムシグニチャーラテ」(116バーツ)。

タイの中では比較的高めの価格ですが、おしゃれなカフェでケーキを食べると考えるとバンコクよりは安くて味の満足度も高いです。

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffeeのケーキとカフェラテ チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffeeのカフェラテ

特にこのホームメイドケーキが今まで味わったことない素晴らしい感触でした。

この日はこのあとも観光を続けるためゆっくりできませんでしたが、この空間なら日中ずっとこのカフェで長居してもいいかもしれないと思いました。

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffeeのココナッツミルクロールケーキ

ケーキを食べ終えたあとは、目の前を流れているコック川の近くまで歩いて見に行ってから店を出ました。

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

カフェのすぐ隣にレストランも併設されているようでした。

もし機会があればいつかここで食事もしてみたいと思いました。

チェンライのリバーサイドカフェManorom Coffee

「Manorom Coffee」はチェンライに短期間で観光に来られた方にはちょっと行きにくいところにあるかと思います。

しかしこの自然に囲まれた雰囲気のカフェはなかなか味わえないので、もし時間が割けそうであればぜひ行ってみてください。

予算がある程度あり優雅な気分でカフェタイムを楽しみたい方にはおすすめできる場所です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事