セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」

先月バンコクに行ったときにバンコクに少し滞在したあとにパタヤに移動して三泊ほどしました。

ここでは今回のパタヤ滞在中に初めて知って気に入った鉄板焼レストラン「Miyazaki - Japanese Teppan Dining」を紹介します。

スポンサーリンク

パタヤのセントラルフェスティバルにある「Miyazaki - Japanese Teppan Dining」

パタヤは以前にも何回か行ったことがありましたが、今回は初めてパタヤビーチやセントラルフェスティバル・パタヤの近くにある宿に泊まりました。

 

このエリアだと安いローカルレストランがほとんどなく、路面店のレストランはどこもバンコクやチェンマイより割高になっています。

 

そんなわけで、ご飯にそこそこのお金を出すのならばどこでも値段の変わらないショッピングモール内のチェーン店レストランで食べようと思いました。

 

セントラルフェスティバルが近くにあって非常に便利だったので、その中で散策していたところ、鉄板焼宮崎と書かれた日本式レストランを発見しました。

 

結構前からあったのかもしれませんが、僕は今回初めて見たレストランです。

店名 Miyazaki - Japanese Teppan Dining(鉄板焼 宮崎)
場所 パッタヤー Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ

เมืองพัทยา อำเภอบางละมุง ชลบุรี 20150

※セントラルフェスティバル・パタヤ内の6階

あとでわかりましたが、この鉄板焼宮崎はバンコクやチェンマイにも出店しているチェーン店のようです。

パタヤを訪れる機会がある場合は、場所的にこのパタヤ店が一番来やすいのではないかと思います。

 

目の前で鉄板焼パフォーマンスを見ることができる

鉄板焼きダイニングということで、カウンターの目の前に調理用の鉄板があり、実際に食材を焼くところを見ることができます。

 

なかなか日本でもこういう鉄板焼パフォーマンスが見えるレストランに行く機会はないため、日本人の僕でもかなり楽しめました。

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」

野菜の焼き方も見ていて結構楽しいです。

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」

やはりお肉を焼いているところは特に面白いです。

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」

このパフォーマンスを見ることができるため、サービス料金として10%取られますが、まあ安いものだと思います。

 

鉄板焼ステーキセットがリーズナブルで嬉しい

このような鉄板焼パフォーマンスがある高級レストランぽい店でありながら、メニューの価格は結構リーズナブルです。

個人的には久しぶりに価格に感動したお店です。

僕は最初に行ったときには鉄板焼チキンセット(169バーツ+サービス料10%=185バーツ)を食べました。

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」のチキンステーキ定食 セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」のチキンステーキ定食

目の前で鉄板焼パフォーマンスを見たあとに食べる野菜とチキンは格別の味がしました。

鶏肉がなかなかジューシーにうまく焼けていたので、一番リーズナブルな定食ではありますが、個人的に一番おすすめのメニューです。

ご飯と汁物もなかなかいい感じです。

 

その翌日に再び食べたくなり、2度目のときには奮発してサーロインステーキセット(309バーツ+サービス料10%=339バーツ)を食べました。

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」のビーフステーキ定食

セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」   セントラルフェスティバルパタヤ内にあるレストラン「鉄板焼宮崎(Miyazaki - Japanese Teppan Dining)」のビーフステーキ定食

この牛肉はニュージーランド産の肉ということで、アメリカ産牛肉よりはオーストラリアやニュージーランドの牛肉を好んでいる僕にとってはかなり魅力的でした。

 

牛肉ステーキのわりにはこれまたリーズナブルな価格で本当にありがたいです

 

味のほうもしっかりした赤身肉で適度な歯ごたえがあって美味しかったです。

 

国産和牛の柔らかさを求めている方には合わないかもしれませんが、健康のことを考えてもこの程よい硬さを持った赤身肉はおすすめです。

 

パタヤではないですが、後日チェンマイ店に行った際には豚ロース鉄板焼セット(189バーツ+サービス料10%=200バーツ)も食べました。

個人的には豚肉は今ひとつだったので、おすすめはチキンかビーフです。

 

まとめ

セントラルフェスティバルパタヤの6階に入っている「Miyazaki - Japanese Teppan Dining(鉄板焼宮崎)」は、目の前で鉄板焼パフォーマンスを見ながらリーズナブルな価格で食べることのできる素晴らしいレストランです。

 

定食セットを頼めてカウンター形式のため、一人飯にも向いています。

 

バンコクやチェンマイなどにあるチェーン店に行くのもいいですが、パタヤであれば観光地のど真ん中にあるためアクセスしやすく一番行きやすいのではないかと思います。

 

パタヤを訪れる際には、ぜひ一度は行ってみることをおすすめします。

 

 

おまけでパタヤ滞在中の他の写真を少々。

パタヤビーチはチャイニーズニューイヤー(春節)の時期だったため中華風装飾がありました。

 

パタヤ滞在中に宿泊した近未来的カプセルホテルの「Hi Capsule Pattaya」。

面白くて完全なる個人空間になるため良いですが、常に冷房が入ってくるためかなり乾燥するのが難点でした。

場所はセントラルフェスティバル・パタヤのすぐ近くなのでかなり便利でよかったです。

パタヤの近未来的カプセルホテル

 

セントラルフェスティバルパタヤの6階には8番ラーメンも入っています。

8ラーメン餃子セット(155バーツ)を食べました。

セントラルフェスティバルパタヤで食べた8ラーメン餃子セット

 

「Leng Kee Restaurant 」でちょっと食べたシーフードフライライス(120バーツ)。

パタヤで食べたシーフードフライライス

 

タイティーウイズバブルジェリー(30バーツ)。

タイティー&バブルジェリー

 

セントラルフェスティバル内にあるFUKUMATCHAのミルクティーウイズ抹茶ラテ(60バーツ)。

ミルクティーウイズ抹茶ラテ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事