LINE Payの300億円キャンペーンで1000円受け取れた

5月20日から始まったLINE Pay(ラインペイ)のキャンペーン「祝令和 全員にあげちゃう 300億円祭」で1000円受け取れたのですが、少し思ったことについて考察します。

スポンサーリンク

LINE Payの「300億円祭」で1000円受け取ろう

LINE Payの300億円キャンペーンで1000円受け取れた

僕は以前からLINE Payを使っていたので新たに本人確認も必要なくすぐに1000円受け取ることができました。

この一見太っ腹で大盤振る舞いのキャンペーンがいきなり始まったことを友達から聞いてLINEをチェックすると確かにありました。

先着順とも書いてあったので少し焦り気味に教えてくれた友達と送りあってお互いすぐに1000円受け取ることができました。

LINE Payの300億円キャンペーンで1000円受け取れた

何もせず1000円もらえたので嬉しかったのですが、2つほど困ったこともありました。

  • 別の友達からは新たに1000円受け取れると勘違いしてしまった
  • 親に受け取ってもらいたかったがLINE Pay登録が面倒だと拒否されてしまった

別の友達からは新たに1000円受け取れると勘違いしてしまった

最初にすぐに教えてくれた友達と相互で1000円受け取りました。

そのあとすぐにキャンペーンページを再びみて、「先着順」という言葉に焦ったこともあり、これはもしかしたら「送ってくれた友達の数×1000円」受け取れるのではないかと勘違いしてしまいました。

そこで、友達や家族に手当たり次第にプレゼントを送りまくってしまいました。

このときの僕の思考としては、とりあえず多くの友達に1000円送りまくって相手からも送り返してもらえばすぐに結構な金額を受け取れるのではないか、先着順だからすぐになくなるだろうしスピード勝負だ、と考えていました。

結果的にはほとんど全ての相手には送っただけでその後は特になにもなくてよかったのですが、一部の友達には送ったあとにメッセージで送り返して欲しいと頼んでしまいました。

相手からは「なんかそちらには送れないみたい」と返ってきて、そこで初めて冷静になり、「そうか、たくさんの友達に送りあっても一人が受け取れるのは最初の一人から送られた1000円だけなんだ」ということに気づきました。

自分の欲の深さから生じた勘違いに恥じると共に、「ちょっとLINE Payさん、恥かいちゃったじゃないか」と微妙なわかりにくさに少しだけ怒りも感じてしまいました。

とはいえ1000円は問題なくいただけたので有り難かったです。

 

確かに下のほうに、「期間中一人一回1000円相当のみ」と書いてましたね。

LINE Payの300億円キャンペーンで1000円受け取れた

あとで冷静になって計算してみると、300億円ばら撒くキャンペーンとはいえ、一人1000円しか受け取れないのであれば、300億円に達するというのは3000万人が受け取ったとき、ということになります。

日本の人口が1億程度の中で3000万人というのは結構な数であり、これは先着順と煽らなくてもすぐには達しないんじゃないかなと思ったりはしました。

LINE Payに登録して受け取るにはきちんと本人確認が必要ですし、1人1アカウント分しか受け取れないはずなので。

PayPayがやっていた100億円還元キャンペーンのときのように情報感度の高い人がまとめて恩恵を受けるタイプとは別のキャンペーンであるため、良く言えばみんなに対して平等であり、多くの人に還元しやすいキャンペーンだと思います。

悪く言えば情報感度の高い人たちにとってはあまり有り難みを感じないキャンペーンでもあるかなと思います。

LINEの会社の戦略としては、3000万人に本人確認を促してLINE Payの口座を開かせることができれば非常に大きなメリットになるし、それに対して300億円はかなり安いコストかもしれませんね。

6月からは新たに還元キャンペーンも始まるようなので引き続き期待しながらチェックしていきたいと思います。

親に受け取ってもらいたかったがLINE Pay登録が面倒だと拒否されてしまった

今回のキャンペーンはせっかくなので親には受け取ってもらいたいという人も結構多いのではないでしょうか。

僕も1000円を父親と母親にすぐにLINEで送りましたが、送ったときは上記の勘違いもあり、ともかく送れる人には送りまくって相手から送り返してもらおうと考えていました。

そのあと勘違いが解けて送り返してもらう必要がないとわかり、ほとんどの友達には送りっぱなしにしていましたが、親からはほどなくLINE通話がかかってきました。

LINE Payの300億円キャンペーンで1000円受け取れた

家族にはできれば受け取って欲しかったので、「お得だから受け取れそうだったら受け取ってみて」と伝えましたが、やはり無理そうでした。

「これって登録しなくちゃいけなんだろ、面倒だし別に受け取らなくていいよな?」

親からの返答はそんな感じでしたので、僕も親に受け取ってもらうことは諦めました。

両親ともに数年前からiPhoneを使ってはいるものの、操作方法はまだまだ難しいようでアップルストアでアプリをダウンロードするときのパスワード要求にも毎回パニクっているようです。

僕は両親とは離れて暮らしているため、付き添って登録を教えることもできないので今回は諦めるしかありません。

もし両親と同居していたり近くに住んでいれば一緒にiPhoneを操作しながら教えて受け取ってもらうことは可能だったかなとは思いました。

あと、登録の仕方がわからないということ以外にも年配の方はよくわからないサービスに登録する恐怖心もあるかもしれないですね。

LINEは比較的有名企業ではありますが、大手都市銀ほど信頼できる相手ではないことも確かです。

そのことも考えればあまり無理強いして勧めるのも良くないかもしれないですね。

今後のスマホ決済キャンペーンにも期待

最近はPayPay、楽天ペイ、LINE Pay、Origami Pay、メルペイ、といった各社がお得なキャンペーン合戦をやってくれているのでチェックするのが楽しいですね。

最近ではメルペイのGW中の還元キャンペーンがすぐに反映されてわかりやすくてよかったです。

6月から始まるLINE Payの還元キャンペーンは還元されるのが遅いようで、それがちょっと不満ではありますが、還元率は高いようなので期待してチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事